脳内ホルモンの役割 – fractaldesignblog

TOGITSU BLOG

フラクタルデザイン時津店のブログ
脳内ホルモンの役割
2016-09-12,時津店

image

 

私たちの細胞の間を信号でやりとりをするのに必要な物質を【神経伝達物質】といいます。

運動調節ややる気を司る役割をもつ【ドーパミン】や、運動能力を一時的に高めてくれる【アドレナリン】。

アドレナリンの効果で有名なのが【火事場の馬鹿力】ですね

このドーパミンやアドレナリンは肉類やチーズ、牛乳などに含まれています

他にも神経を安定させてくれる【セロトニン】。

セロトニンは、ドーパミンやアドレナリンによって異常な状況になった精神を正常に戻してくれる役割をしてくれます。

セロトニンは肉類や乳製品、納豆などに含まれています。

神経伝達物質は脳内ホルモンと呼ばれますが、摂取量が多くても少なくても体に影響が出てきます。

偏った食事ではなく、バランスの良い食事を心がけましょう

 

 

 

 

SALON LIST

フラクタルデザイン各店のブログはこちら
  • 本店
  • 時津店
  • 東長崎・多良見店
  • 諫早店
  • 大村店