ムーンサイクルと肌の関係 – fractaldesignblog

TOGITSU BLOG

フラクタルデザイン時津店のブログ
ムーンサイクルと肌の関係
2016-09-23,時津店

image

こんにちはアシスタントの森口です。
今日はムーンサイクルと肌の関係について
お話しします!!

ムーンサイクルと肌のコンディショニングの関係を覚えてお手入れをすれば、いつもよりスキンケアの効率がぐっと良くなります。

ムーンサイクルをつかさどる女性ホルモンこそ、女性の美しさを引き出すための大切な美容液のような存在だからです。

女性ホルモンを味方につけるために一番重要なことは、まず自分の生理周期を知ること。
生理周期は約25〜38日前後で個人差はあります。この周期を正確に把握するために、基礎体温をはかりましょう。
低温期(月経〜卵胞期)は約2週間、
排卵を挟んで
高温期(黄体期)が約2週間と、低温と高温がはっきりしているのが正常な状態です。

基礎体温から自分の女性ホルモンなどのやつに分泌され、変化しているのかを把握することができ、適切なメンテナンス方法もわかるようになります。

女性ホルモンによる体や心の変化を知るだけでも不調は緩和され、ほんの少し意識するだけでふ無用なストレスから解放されます。

《月経期》
生理中はまさにデトックス期。体温が下りやすいので体をとにかく温めて、
肌には水分補給して潤いを与えます。
鉄分が失われやすいのでレバーなどで補うのも快適に過ごす秘訣。

《卵胞期》
エストロゲンがピークにやる好調期。
スペシャルケアを加えビタミンCを多めに摂取すれば美肌効果が促進されます。
最も妊娠しやすい時期でもあります。

《黄体期前期》
プロゲステロンが優位になりはじめる調整期。イライラしたりなんでもかんでも
ため込み始める時期なので、海藻など食物繊維を補って便秘対策を始めると、次の時期も過ごしやすくなります。

《黄体期後期》
生理直前の不調期。
最近よく聞くPMS(月経前症候群)のせいで
気持ちも肌の状態も落ち込みがち。
そんな心身の荒れに効果的なのがバナナ。
糖分やカリウム、マグネシウム、ビタミンB6
など、ビタミン、ミネラルがバランスよく含まれているので、むくみや疲労感を軽減してくれます。

自分のムーンサイクルをきちんと理解し
美しい肌、健康な体を手に入れましょう!

SALON LIST

フラクタルデザイン各店のブログはこちら
  • 本店
  • 時津店
  • 東長崎・多良見店
  • 諫早店
  • 大村店