タンパク質変性とは?~fractal designでデジタルパーマをしてない理由とは~ – fractaldesignblog

TOGITSU BLOG

フラクタルデザイン時津店のブログ
タンパク質変性とは?~fractal designでデジタルパーマをしてない理由とは~
2016-04-30,時津店

image

時津店 ノゾエです!

今日は「タンパク質変性」についてお話させていただきます!

皆さま、髪の毛はなにからできているか、ご存知ですか?

実は髪の毛のほとんどはタンパク質からできているんです!

タンパク質とはまさに、卵の白身と同じようなもので、熱を与えると卵の白身が透明から白色に変化し、半液体の状態から固体に変化していきます。それを冷やしたとしても、二度と生卵に戻ることはありません。

髪の毛のタンパク質も一緒で、タンパク質変性は 常に一方通行で進行が進めば進むほど 硬くなり、傷み、前の状態に戻すことができなくなってしまいます、、。

 

では、どういう時にタンパク質変性が起きてしまうのか、どうしたら防ぐことができるのか。

まず、タンパク質変性は

高い温度が長時間髪に触れている時に起こります。

ヘアアイロンを使用される方も多いと思いますが、ヘアアイロンはツヤを出してくれたり、出したいカール感を自分で調整することができるのですごく便利ですよね。

使用される際は160度~180度の設定がオススメです!!

🌙豆知識🌙少しでもタンパク質変性を防ぐためには、ヘアオイルなどのアウトバスがとても重要になってきますよ♥︎

タンパク質変性から髪の毛を守るためのお手伝いもフラクタルスタッフにお任せください!!!!

SALON LIST

フラクタルデザイン各店のブログはこちら
  • 本店
  • 時津店
  • 東長崎・多良見店
  • 諫早店
  • 大村店